アベノミクスによって上昇した日経平均株価

アベノミクスによって日経平均株価は大きく上昇しました。その理由はいくつかありますが、もっとも大きな要因が金融緩和です。かつて、民主党が政権をとっていたときには、日銀は金融緩和を行ってはいたのですが、あまり大胆には行いませんでした。日本の金融緩和よりもアメリカの金融緩和の規模のほうが大きく、相対的に効果が小さかったのです。そのために円高から脱却できませんでした。
アベノミクスが始まって日銀の総裁が代わり、大胆な金融緩和が行われるようになります。これによって円安トレンドが形成されたのです。日本の企業は円安を好むといわれますが、これは輸出企業が多いからだと考えられます。輸出企業にとっては自国通貨が安いほうが良いです。それによって価格競争力が高くなるからです。日経平均株価の変動とドル円チャートの変動を比較すると、この傾向はすぐにわかるはずです。
金融緩和が行われて円安になり、それによって企業の業績が回復するという期待が膨らみます。実際、国外からの日本株への投資は一気に増え、それによって株価は一気に押し上げられました。その後、財政出動が行われたことによって、将来の業績改善危害がもたれたことも大きな要因のひとつだと考えられます。
アベノミクスは総合的に見て成果を挙げた政策だといえるでしょう。ただ、失敗した点があるとすれば消費税の増税です。まだ時期が少し早かったと考えられます。これも日経平均株価に影響し、一時的に押し下げ要因となりました。しかし、現在のところはその影響もかなり小さくなってきているといえるでしょう。その結果として日経平均株価は2万円を超え、現在でもまだ上昇への期待がもたれているのです。